Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

門扉製作

login

製作・施工実例

門扉製作
門扉製作

門扉を製作しました






【建具上部の格子の組立】


仕上げ面を叩くときは当て木をします。


ぐらつかないように
まっすぐ垂直に叩き込んでいきます。




ぐらついたまま叩くと、ほぞが斜めに入ってしまい、
下の材料が凹んでしまう可能性があります。




先に4本の束のほぞと上桟のほぞ穴の位置を
合わせておかないと、叩き込んだときに
ずれている他のほぞで仕上げ面を傷つけてしまいます。





【框のほぞ穴に速乾ボンドを入れる】

穴の手前に糊をつけると、
ほぞを入れたとき、糊が奥に押し込まれ
まんべんなく糊がつきます。





【先に組み立てた格子を框に差し込む】

束がなるべく歪まないように
均等に叩き込んでいきます。





【框に差し込んだ桟に栓を組み付ける】

栓錠は板を入れる前に組まないと
後からはつけられません。









【板をはめ込み下桟を框に差し込む】

叩いている方の反対側が、振動で落ちそうになっていないか

注意します。





【もう一方の框を差し込む】

片側から、框が少し斜めになるようにほぞを入れていきます。
その方が板やほぞがスムーズに入ります。

当て木の中心を叩かないと
仕上げ面が凹んでしまうときがあるので注意します。






完成






施工完了










                                     H.Takayanagi